愛媛マラソン レポート(その3)

今大会は3,000人を超える参加者、
スタートしてゲートをくぐるまでだいぶん時間が掛かることを覚悟していたが、
意外に速くゲートに到達した。(後で確認したら1分46秒後に到達)
スタートしてしばらくは国道11号線、片側3車線の大通りを走る。
普段走ることが出来ない道を走るとあって、気分も高揚してくる。
坊っちゃん列車が汽笛を鳴らして歓迎(?)してくれていた。
ロープウェイ街の次の信号を左折し、国際ホテルの前を通過、
ここはやや上り坂になっているため、
向こうの方のランナーまでずらりと見える。
道を埋め尽くしているランナーは、

走りながら見ていても壮観である。

坂が終わってそろそろ平和通りに入る手前で、
ゲストランナーのノッチが走ってくるのを発見、
周辺では歓声が起きていた。
ちなみにノッチはfujitaka_1の住んでいる市の出身である。
しばらくの間、ノッチに付いて行くことにする。
芸能人と間近で走ることもそうそうないので、
この機会に声を掛け握手してもらった。
沿道の声援もおなじみの「Yes,we,can」が飛び出していた。

平和通りに入る。学生時代もよく通った馴染みのある道だ。
朝・昼・夜それぞれ違った顔がある通りだ。
団子状態が続いてはいたが、
Bブロックからスタートしたとあって予想していたよりペースは速い。

自分では良い感じのペースである。

自分のペースを保つために前のランナーを
どんどん抜かないといけない、なんてことはない。
平和通りはかつて住んでいた頃と比べて新しい店も出来たが、
以前から変わらぬ店もあり、懐かしかった。

かつてよく通った中華料理の店もあった。

本町三丁目の交差点を右折し、今度は国道196号線を走る。
片側3車線の広い道だ。
ここは市内電車も走っている区間だが、
走りに支障が出ないよう、市内電車の線路の上にマットが敷かれてあった。
196号線に入ってしばらく走ったところが、
fujitaka_1が学生時代に住んでいたところだ。
交差点からふと西側を見てみる。突き当たりに銭湯があるところだ。
学生時代、まさか愛媛マラソンを走るなんて想像もつかなかった。
確かに一度だけ、

「このままごろごろしていてはいけない、

そうだ走ってみるか」


と、下宿から今回の会場である堀之内を1周したことがあるが、

本当に一度きりで終わってしまったことがあった。

そんな自分でも今こうして走っている。
先はまだまだ長い。見慣れた景色をマイペースで走る。

今日のランニング:高専通り等 10.9km

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2010-02-04 23:50 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/13657401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 愛媛マラソン レポート(その4) 愛媛マラソン レポート(その2) >>