加古川マラソン大会 レポート(その6)

折り返しから、来た道を北へひた走る。
この頃になるとだいぶん疲労が出てきた。
少しペースを上げ過ぎたのだろうか、
いや、このくらいで走れるようにならないとサブ4は達成できないはずだ、

自分の心の中で葛藤が始まっていた。

山陽新幹線の鉄橋を再びくぐる前に、N700系の通過が見えた。
25kmの給水所、ここでアンパンをいただく。
アンパンを口に頬張りながら走った。あめ・チョコも取り、走りながらいただいた。
いただいているうちに少し元気が出てきたのか、
折り返し過ぎからだいぶん落ちていたペースが少し上がってきたように思う。
29km付近の関門で2時間50分くらい、
今まで出たフルマラソンの大会より5分くらい速いペースで来ている。
30km地点を通過、苦しかった20km台が終わり、元気が出た。

これが「ランナーズ・ハイ」の状態なのかもしれない。。

後半追い上げ型の自分としては
ここからだんだんペースを上げていきたいところだ。
32kmくらいのところでこの大会初めてのトイレに行く。
フルマラソンでは大抵2回くらい行くのだが、今日は結局この1回だけだった。
なかなか見えなかった加古川大堰が見えてきた。
もう終盤に近づいてきている。
2回目の上り坂を上り、加古川大堰を渡る。
34km過ぎ、加古川大堰を渡ったところで3時間18分、
ここからゴールまで7km余りだ。自分なりのラストスパートを掛ける。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-12-30 00:02 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/13357552
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 加古川マラソン大会 レポート(... 加古川マラソン大会 レポート(... >>