加古川マラソン大会 レポート(その3)

大会プログラム
c0034228_0123580.jpg

スタートしてしばらくは昨年同様、団子状態で思うようには走れない。
おまけに今年は参加者が増えているせいか、
昨年以上にこの「団子状態」が長く続いているように感じた。
途中すき間を見つけて、前のランナーを少しずつ抜いていくも、
まだ抜き足りない感じが続いていた。
昨年はこの序盤区間、気温も上がり日差しも強く暑かった記憶があるが、
今年は曇っているどころか時折小雨が降っている。

「今日って、雨の予報出てたっけ?」

と思ったが、ここまで来ればもう走るしかない。

昨年は通過した2.5kmの最初の給水所、
今年はスポーツドリンクをもらおうと立ち寄ったが、
同じ考えの人も多かったのか、
スタッフの人がスポーツドリンクを注いでおり、前の方にあったものを取った。
参加者が多いと、スタッフの苦労も多く大変だろうと思う。

3km、4km、河川敷のコースをずらりとランナーが連なっている様子が見えた。
まだまだ先は長い。
5km地点、給水所とともに時計が設置してあった。38分台を指していた。
登録選手がスタートしてからの時間なので、
一般ランナーは5分引いて読めばいい。
ここまで33分掛かっている。

ん?昨年よりも遅いペースではないか!

昨年はここで36分台だったことをあらかじめ頭に入れていた。

「えっ、昨年よりはペース上げていると思っていたのに、

これはまずい!」


早くも焦っていた。
思わずペースを上げ、周りのランナーをどんどん抜いていく。
6km、さっきの焦りが効いたのか、
看板が見えたのが今までより若干早いように思えた。
7km過ぎ、この辺りの道路は傷んでいるせいか、
これまで走ってきたところと比べると少し走りにくい感じがした。
速いランナーが折り返してくる。
3時間のペースランナーには多くのランナーが付いていっていた。
同じコースを走っているとは言え、自分とは別世界だ。
この辺り、対岸へ渡る加古川大堰も見えているのだが、
一旦前を通過し、さらに北岸を走って折り返し再びここまで来る。

今日のランニング:国領川河川敷等 13.1km

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-12-28 00:12 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/13341825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 加古川マラソン大会 レポート(... 加古川マラソン大会 レポート(... >>