ひだか茂平マラソン レポート(その5)

大会本部テント(ゴール後に撮影)
c0034228_22301086.jpg

前を走るランナーで背番号「3」のシャツを着た人と、
赤と白の模様のシャツを着た人がいた。
前を走るランナーがもうこの辺りではまばらになってきたせいか、
私の中で2人のランナーはよく目立っていた。

「よし、目立っているので目標にしやすい。

この2人のランナーに付いていこう」


と決め、付いていくことにした。
天気はこの辺りでパラパラと雨がきたり、時折晴れ間が覗いたりと、
よくわからない天気だったが、走る分には問題なかった。
さて、この辺りでふとトイレに行きたくなってきた。
練習なら迷わず最寄りのトイレに行くのだが、
今日は大会、ロスタイムになってしまう。
右手にトイレを発見するが、この先に折り返しがあるので、
折り返してから考えようと思い、スピードを上げる。
12km、13km、2度目の折り返し、猿田洞に到達、
茂平が修行したとされる地である。ここで3度目の給水もする。
ここまで来れば後はゴールまで来た道を帰るのみだ。
急な上り坂はないはずだと思い、スピードを保ったまま走る。
前のランナーをどんどん抜いていた。
15km地点付近、ロスタイムになるがトイレに行く。
トイレを済ませ、ロスタイムを取り返そうと再び飛ばす。

かえってメリハリのついたランができていいかもしれない。

赤と白の模様のシャツのランナーには、
トイレに行っている間に抜かれていたが、再び抜き返した。
本部テント付近 野外ステージでは演奏会をしていた。
c0034228_2231622.jpg

17km少し手前、前半も通った保健センター前、ここで11時25分くらい、
再びビニールハウスの間を走る。
かつてハーフマラソンでは16~17km辺りで、
いつも苦しい走りだったが、
最近はそれほど苦しさがなく、普段通りに近い走りが出来ていると思う。
走力がだんだんと付いてきたとも言えるし、
まだ余力を残し過ぎているという言い方も出来る。

「記録更新はまだ狙える」、

最後までこの走りでいこうと走り続けた。

ランニング記録(12月5日):国領川河川敷等 17.4km

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-12-06 22:17 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/13164446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ひだか茂平マラソン レポート(... ひだか茂平マラソン レポート(... >>