ひだか茂平マラソン レポート(その3)

会場内にて
いろいろな「茂平」が描かれていた。
c0034228_23524780.jpg

スタートしてグラウンドを出て坂を下り、コースに出る。
ハーフのランナーは申し込み段階で370名程度、
タイムロスはほとんどない。
最初から飛ばしていくこととし、少しずつ抜きながら走っていたが、
まだ1kmも走ってないうちに、

今まで経験したことのないコースに遭遇した。

河川敷の舗装されていないところをしばらく走るのだ。
いや、舗装されていない箇所と言えば、
3月の吉野川市リバーサイドハーフマラソンでもあったが、
ここは吉野川市の砂利道ではなく、
う~ん、どう言えばいいのだろう、砂地に近いところを走るような感じだ。
案内にも「河川敷のクロカン風」とあった。
場所によっては足をとられそうなところもあった。

「えっ、これはどこまで続くんだ?」

不安になりながら走る。
まだ人は多く、河川敷の未舗装の道いっぱいにランナーが広がっている。
1kmの看板を発見、1kmごとに表示はあるようだ。
しばらくすると、見覚えのある道、
さっき国道から運動公園に向けて車で通ってきた道だ。
ここでクロカン風の道は終わった。

少しホッとした。

2km~4kmにかけて、
コースは車1台が通れるくらいの田舎道を東へ向けて走る。
そして上り坂があった。

「あれ、高速コースじゃなかったのかい?」

と思ったが、程なくして下り坂に変わった。
そして再びさっきより少し長めの上り坂、

「ん?もしかして高速コースというのはまっぴらな嘘で、

本当はアップダウンの激しいコースなんじゃないかい?」


とさえ思った。
まだ序盤のため、坂を走りきることができた。
ただ少しスピードは落ちていたかもしれない。
こうして序盤のアップダウンを終えて、最初の給水所を通過、
その後はビニールハウスの間の道を走った。

今日のランニング:高専通り等 11.6km

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-12-01 23:52 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/13120478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< とくしまマラソンにエントリー ひだか茂平マラソン レポート(... >>