久万高原マラソン大会 レポート(その3)

コース沿いはだいぶん紅葉していた。(ゴール後に撮影)
c0034228_23594223.jpg

11km、12km、今走ってきた道を折り返す。
昨年は開催が1週間早かったうえに天気も良く、暑かった記憶がある。

途中の給水所で水を被ったほどだ。

しかし、今年は曇りで気温も高くない。

走るには絶好のコンディションだと思う。

この辺りになると、抜きつ抜かれつのレース展開はほとんどない。
参加者が少ないせいもあるが、
それぞれが自分のペースを守りつつ走っている感じだ。
13km、14km、前半下ってきたところを上る。
前半の下りでは、

「ああ、後半はここを上るのか、しんどいなあ」

と思っていたが、いざ後半になると、半分過ぎて

「ゴールはもうすぐだ」

と思い普段のペースで走っている。
坂を上りきり、長い坂を下る。
坂を下ってしばらく走ったところで12時を知らせる音楽、
去年は下り坂の途中で音楽が鳴ったので去年よりはペースが速いようだ。

「よし、このまま失速しなければ

昨年の記録は上回れそうだ」


走りに勢いがついた。商店街を北進する。
前半たくさんいたランナーも分散し、
前のランナーとの間がかなり空いているようになった。
17km、18km、昨年この商店街の道で
自分でもはっきりわかるほどに失速した走りになったことを覚えているが、
今年は今までのペースを保てそうだ。
ここまで来たら昨年の記録をどこまで縮められるかが勝負になってくる。

「このまま行けば2時間は切れるかな?どうかな?」

と思いながら走る。
最後まで走りきるため、また、気分転換に途中給水はしっかり取った。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-11-14 23:49 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/12958927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< たいやきが食べたくなったかも? 久万高原マラソン大会 レポート... >>