久万高原マラソン大会 レポート(その2)

公園グラウンド入口に設けられたゲート
ゲートをくぐって、コースに出る。
c0034228_23524833.jpg

スタートしてグラウンドを1周し、コースに出る。
少しの上り坂と長めの下り坂、
これが最後は上り坂になるのであるが、
ここまで走って、心の中で

「何て速いペースなんだ!!!」

と思った。
先週の四万十ウルトラでは、
少なくとも自分の周りにはこんなに速いペースで走っている人はいなかった。
距離が長いせいもあるが、皆ゆっくり走っていた。
ところが今日は一転して

皆飛ばす飛ばす、

みるみるうちに多くのランナーに抜かれていった。
決して遅いペースではないと思っていたが、
まだ先週のペースが抜け切れていなかった。

第44番札所大宝寺の参道を下り、
国道33号線から1本入った商店街を走る。
雨が降っているにもかかわらず、沿道には応援の人が結構出ていた。
3km、4km、ふと見つけた時計を見てみる。
やはりそんなに遅いペースではない。

「この商店街を過ぎてしばらく走ると上り坂があるので、

そこでだいぶん抜けるだろう」


そう考えながら序盤を走っていた。
あんまり飛ばし過ぎても後半持たないと思い、
一定ペースを守ることに努めていた。
4km過ぎくらいで最初の給水所、スポーツドリンクをいただく。
5km通過、ここから上り坂が始まる。
この頃にはだいぶんハーフのペースにも慣れていた。
坂は苦しかったが、昨年と違いコースを知っているので、
予想ほどペースを落とさずに走ることができた。
坂を上りきり、下りへ、7km手前に2度目の給水所があり、
水・スポーツドリンクをいただく。
この辺りでは雨も止んでいて、山間の道をいつものペースで走る。
若干のアップダウンはあるかもしれないが、ほぼ平坦だ。
8km、9km、昨年と同じところで大勢集まっての声援があった。
9km過ぎから少し上っているが、

最初の坂に比べれば、まだどうってことはない。

10km地点くらいだったか、
同じ地元からの参加者と出会い、互いを励まし合う。
他の大会でもお会いしていて、
かつては同じくらいのペースで走っていた頃もあったが、
最近は自分の前を走られていることが多い。

おそらくかなり走り込んでいるのだろう。

中間点で折り返し、後半戦に突入である。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-11-14 23:48 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/12958921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 久万高原マラソン大会 レポート... 久万高原マラソン大会 レポート... >>