四万十川ウルトラマラソン レポート(その8)

この辺り、右手に川が見えるのだが、
なぜかあまり川を眺めていたという記憶がない。
景色が少し単調になっていたのか、
それとも川から少し離れたところを走っていたのか、
長いコースなのではっきりと覚えていないが、

ただ前のランナーを見ることに集中していた。

どこかのエイドでは、シャワーがあった。
また前後するかもしれないが、
あるエイドでは、帽子を脱いでスタッフの方に水をかけてもらった。
水を被るとシャツが水分を含んで重くなるという声もあるが、
夏場のマラソン大会のように多量に被るわけではなく
適度な量で気持ちいい。

思わず「ヒャーッ!」と声を上げてしまうほどだ。。

中半休憩所付近を通過、四万十川に沿って国道をひた走る。
スタート地点に比べると川幅もだいぶん長くなってきていた。
少し前は川を眺める余裕がなかったが、
少し体も気持ちも落ち着いてきたのか、
再び川を眺められるようになってきていた。
せっかく景色のいいところを走るのだから、
景色も堪能しておかないといけない。
そして川の流れに沿って道も幾度となくカーブを繰り返していた。
もうすぐ旧中村市に入ろうかという辺り、
口屋内の給水所では、
オバマ大統領の「Yes we can」ならぬ

「Yes you run」。

とアナウンスしながら声援を送って下さる方がいた。
この辺りでゴールまであと22キロほどだ。
「あとハーフ」との声援もあったが、
ここまで走ってきた体にあと残りハーフ分の距離はきつかった。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-10-28 23:23 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/12773316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 朝ラン 四万十川ウルトラマラソン レポ... >>