四万十川ウルトラマラソン レポート(その5)

参加賞のTシャツ
当日着て走っている人も何人かいた。
c0034228_2314169.jpg


長い坂を下りきり、橋を渡って再び国道381号線沿いを走る。
今までは日陰が多かったこともあって走りやすかったが、
川を渡れば日陰がないうえに、気温も上がってきて暑く感じた。
17km辺りで1時間50分くらい、
平均すれば1km当たり6分30秒程度のペースで走っていることになる。
「抑えて走っている」のでいいペースであろう。

19km地点付近だったか、

「縁起のいいコーラ」の私設エイドを発見、

普段縁起とかそういう類のものを気にするタイプではないが、
なぜか今日は魅かれるものがあり、立ち寄ることにした。
セルフサービスでコーラをコップに注いで飲む。

新鮮な喉越しで美味しかった。

「このコーラ飲んだら完走してよ。」という励ましを受け、再び走り出す。

20km通過、RCチップを付けた靴でマットを踏むと音が鳴った。
20kmごとのラップタイムを取っているようだ。
そう言えば大会前にHPを見た時、当日は速報をすると出ていた。
全体の3分の1を走った。まだ力は残っている。
中盤戦に入っても抑えて走る「我慢の走り」を続ける。
四万十川は左側に見え、沈下橋も見ることができた。

この沈下橋、この道が何か懐かしい…。

fujitaka_1、走り出すだいぶん前に、
四国の国道、3桁国道をドライブするというのを趣味の一つとしていたことがあった。
その時に今回のコースの一部も走ったことがあり、
ここで車を停めて写真を撮ったことがあった。その時のことを思い出した。

その時撮った写真は、こちら。

道を行く(国道381号線)(別ウインドウで開きます)

その時は、まさか数年後ここを走るとは夢にも思っていなかった。
21~22km辺りになると、
四万十市西土佐地域中心部の江川崎に入り、沿道の声援が多くなる。
日差しが強く、きつい区間だったが、声援を背に走ることができた。
再び橋を渡り、22.4km地点、エイド・休憩所となっているカヌー館に到着した。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-10-24 23:05 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/12730012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 久万高原マラソン大会(速報) 四万十川ウルトラマラソン レポ... >>