四万十川ウルトラマラソン レポート(その2)

(当日)
朝6時起床、身支度をし、宿舎の朝食を十分にとって出発、
7時半に宿舎近くの四万十町役場から主催者側準備のバスに乗り込み、
スタート地点のこいのぼり公園に向かう。
道中は、これまで何度か同じ大会でご一緒している方と、
このマラソンに懸ける意気込み、今後の出場予定大会について話をしていた。
またこの道は、4月に出場した「四万十川さくらマラソン」のコースでもあり、
半年前に走ったことを振り返っていたりしていた。
もうすぐこいのぼり公園に到着という頃、道中にランナーの姿が、

100kmの部のランナーが走っている。

朝5時半にスタートして、
既にフルマラソンの距離に届くような距離を走ってきている。
しかもこの大会では20km前後くらいにきつい坂が続くところがあると聞く。

凄い、凄すぎる。

こうしてバスに乗って1時間弱、8時半少し前に、こいのぼり公園に到着した。
大会のぼり(前日の中村でもたくさん見掛けた。)
c0034228_031087.jpg

こいのぼり公園 60kmの部スタートのアーチ
c0034228_031827.jpg

受付を済ませて、テントで作られた更衣室で
ゼッケン取り付けなど諸準備を済ませる。
60kmのエントリー者は415名、
100kmの部に比べると少ないが、それでもバスなどで人が集まってきていた。
ゴール地点行きの荷物を預けると、付近を散策したり、
会場内に設けられていたテントで配られていた「グリコCCD」という
スポーツドリンクを飲んだりいた。
いつもの大会ではアップがてら少し走るのだが、
今回は大変長い距離ということで走らないと事前には決めていた。
しかし、どうにも気持ちが走らなければと思うようになり、

空いたところをほんの少し走った。

9時半から開会式、終わればそのままスタート地点に移動となる。
トイレを済ませ、スタート地点に並ぶ。
ちょうど真ん中くらいじゃなかったかと思う。
今まで経験したことのない距離、
体はどうなるのか、精神的にはどうなのか、

それより何よりゴールは出来るのか、

でもとにかく前へ進むしかないと思っていると、号砲が鳴った。
午前10時、60kmの部のスタートである。

今日のランニング 昭和通り~イオン前~楠中央通り等 10.9km
ウルトラ後でしたが、何とか走れました。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-10-22 23:41 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/12710928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 四万十川ウルトラマラソン レポ... 四万十川ウルトラマラソンから1... >>