四国のてっぺん酸欠マラソン大会 レポート(その4)

毎度おなじみの幟
c0034228_23353348.jpg

給水所を過ぎてしばらくは緩やかな上り、
以前少し登山したことがある瓶ヶ森駐車場前を通過、
しばらく走るとそれまでの上りから下りに変わる。

ここからしばらく先が見渡せた。

下っているのがはっきりとわかる。
勿論帰りはこの道を上らないといけないのではあるが、
とにかく下り道を快走することが今の自分にとっては大事なことである。
5km地点で2度目の給水、
次の給水は5.5km先になることもあり、昨年より多めの給水を心がける。
10分後にスタートした10kmのランナーの先頭とすれ違う。
かなりのハイペースだ。
あの上り坂をハイペースで上るなんて本当に凄いと思う。
おそらく練習量も半端ではないのだろう。
7km過ぎまではとにかく下りを走る。
勾配の度合いはポイントポイントで若干変わってくるが、
今までの上りで疲れた体を癒すように走る。
いや、

本当は下りの方が足にくるのだとは思うが…。

日差しが落ち着いたのか暑さもだいぶん和らいできて、
上り坂で吹き出た汗もだいぶんひいていた。
7km過ぎから9km辺りまで少し上っているところがある。
昨年はずっと下りだと思っていて油断しており、
この坂でしばらく歩いた記憶があるが、
今年は2度目、意識して走って上る。
最初の上り坂のことを思えば走れないことはない。
足を含む体全体が走ることに慣れてきたのか、体が少し軽くなり、
スピードはないもののこの区間を走りきった。
昨年この辺りでは高地特有のガスがかかっており、
辺りを見渡すことが出来なかったが、
今年は天気もよく景色を見渡すことができた。
少し上った後は、再び下り、トンネル2つ通過して、
少し走ると折り返し地点に到着した。さあ、後半戦突入である。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-09-10 23:27 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/12312567
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 四国のてっぺん酸欠マラソン大会... 四国のてっぺん酸欠マラソン大会... >>