尾道散策(その6)

文学のこみち
石と石の間をすり抜けるようにして通らないといけないところもある。
c0034228_0133128.jpg

林芙美子の「放浪記」の石碑、
立ち止まって尾道の風景と照らし合わせながらじっくり読む。
写真は、石碑に明るさを合わせたため、周りが明るくなり過ぎてしまった…。
c0034228_013412.jpg

だいぶん上がってきた。もうすぐ頂上?
c0034228_0134720.jpg

ほとんどが俳句・短歌に関するものだった。
c0034228_013546.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-08-19 00:13 | 風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/12155664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 久々の長編小説…続き 尾道散策(その5) >>