不惑の人

最近思う。
周りでも走っている人が少しずつ増えてきている。
仲間が増えたと喜ぶ一方、
どうしても周りと比べて自分はどうなのかが気になる。
自分と同じくらい前から走り出したある人は、
なかなかのスピードで走りこんでいると聞いたり、
またある人は、フルマラソン3時間切り(サブ3)を狙って
市内の標高1000mの山まで1時間半で駆け上がったりという話を
実際に耳にすると、何だか悔しい気分になるのが正直な気持ちだ。

でもマラソンは人との比較よりも
あくまで「自分との闘い」ということは大会に出て痛感していること。
これまた知り合いの方の言葉をお借りするが、
こういう時こそ、
「人のことをとやかく言わず、自己の確立に励む」ことが大切なのだ。
人に惑わされず、自分の道を突き進む、「不惑の人」でありたいと思う。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-08-17 22:59 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/12148824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 尾道散策(その5) 地球儀 >>