小豆島オリーブマラソンの中止

前の記事でも紹介したところであるが、
この週末(5月24日)に開催予定だった小豆島オリーブマラソン全国大会が、
新型インフルエンザの感染拡大を受けて、中止になった。
町のホームページにて情報は得ていたところではあるが、
封書でもお知らせが来た。
ホームページだけだと

もしかして、誤りじゃないのか?

次の日に、「再開しました。」なんて出るんじゃないか?


と、まだ少し期待していたが、こう封書で来ると、

ああ、本当なんだ。

と思う。
それだけ、私の頭の中では、

ネットより紙の方が

信憑性が高いと言うことなのだろう。


c0034228_055748.jpg

そういや、仕事に出掛けている間に、自宅には電話もあったらしい。
中止を決断し、連絡に追われている町は辛いし、大変だろうと思う。
来年は是非是非快走しに行きたいと思う。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-05-22 00:11 | マラソン | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/11589123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 凄いブログを発見 at 2009-05-22 06:59 x
そりゃ、紙ほどありがたいものはないのであって、それはfujitakaさんに限らず、どんな人でも同じ感覚だと思います。
電子媒体全盛の今の世の中、紙の持つ意味を改めて考えてみたいところですね。
Commented by fujitaka_1 at 2009-05-22 23:58
凄いブログを発見さん、書き込みありがとうございます。
私だけではなかったのですね。
私は、紙の持つ意味は重いと思います。
ペーパレス化が言われて久しいですが、
紙の資料は、
見る人に安心感・信頼感を与えるものではないかと思います。


<< 汗見川清流マラソン 新型インフルに思う >>