四万十川桜マラソン レポート(その5)

参加賞のTシャツ
これからのマラソン練習に着るTシャツがまた一つ増えた。
c0034228_2133771.jpg

25km~30kmにかけて旧道をひた走る。
時折山間の狭い道も走るが、走る分には全然問題のない道だ。
1kmごとの表示までに掛かる時間は
最初に比べると少しは長くなっているような気もするが、
それでもまだ調子はいい方だと思った。
橋を渡って29.3km地点の給水所まで長い下り坂がある。

下り坂での勢いはまだ残っていた。

下り坂があった分、少し上ったところが30km地点、
ここからしばらくは旧道をJR予土線に沿って走るようになる。
予土線は13,4km辺りで一度列車を見たが、
運行本数も少ないこともあってか、
この30km地点辺りで列車を見ることはなかった。
この辺りになると歩き出す人もちらほらと見掛けるようになるが、
自分の中ではまだ歩きたいとは思わなかった。
歩いている人を少しずつ抜きながら走っていた。
33km付近、2度目の沈下橋、両側に清流を見ながら走る。
1度目との比較ができるほど鮮明には覚えていないが、
個人的にはこの2度目の沈下橋の方が好きな風景だ。

沈下橋を渡ると、このマラソンでおそらく一番長い上り坂に差し掛かった。
歩いている人も多く、下りに慣れている足にはきついものがあったが、

ほとんど歩かずに走って上った。

坂を上ったところに給水所があったので、スポーツドリンクをいただく。
坂を上りきった後で、体も水分を欲していたようで、美味しくいただいた。

四万十の水出し煎茶
c0034228_21332645.jpg

ランニング記録(4月12日):国領川河川敷等 8.5km

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-04-13 21:33 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/11319605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 四万十川桜マラソン レポート(... 四万十川桜マラソン レポート(... >>