吉野川市リバーサイドハーフマラソン レポート(その5)

参加賞のバッグ
c0034228_0221665.jpg

この辺り、砂利道で走りにくいうえに、だいぶん疲れてくる頃、

給水所は本当に有り難かった。

聞くところによると、この給水所は当初の案内図には入っておらず、
増設されたものらしい。
そういやこの大会の給水所、
テーブルにコップを置いているだけではなく、
ランナーが給水しやすいように係の人がコップを手渡してくれる場面を頻繁に見掛けた。
走っている時は走ることに夢中になっているのでわからないが、
後で振り返ってみてランナーに配慮してくれているなあと有難さを感じた。
で、係の人からスポーツドリンクを受け取ったのだが、
その渡してくれた人が、
何と何と、

「阿波っ子きよこの走る日々」で

おなじみのきよこさんでした!


言葉にはできなかったが、
きよこさんであることははっきりとわかった。
本当なら自己紹介をして…といきたいところだが、
ここではそんな余裕は無かった。

「ブログ見てますよ!」というのが精一杯であった。

給水し、ん?ここからどう行くんだと前を走っていると、
沿道の子どもから

「この坂上がるんよ~」

との声が。下を見ると矢印が書かれていた。
案内に従い、坂を上る。
長い距離ではないのだが、

この上り坂は辛かった。

上りきった後、ふ~っと深呼吸した。
ここから第二折り返し地点までは約3.5km、
そんなに遠い距離ではないはずなのだが、
折り返し地点のある橋がものすごく遠くに見えた。
それでも今は橋を目指してとにかく前に走るのみ、
最初菜の花の美しさに感動していたものの、もう見慣れてきた。
河川敷とあって、景色は単調だ。

14km過ぎにも給水所があり、さっき給水したばかりだが、
暑くなってきたこともあり、ここでも給水、
ここで給水しておかないと、
折り返して帰ってくるまでの約6kmくらい給水がないので、
きついと思ったというのもあった。
この辺りでは10kmのランナーともすれ違った。
だいぶん少なくはなってきていると思うが、ランナーの列が続いていた。

14~17km辺りがハーフマラソンの一番苦しいところである。
汗もだいぶんかいているのがはっきりとわかる。
最初はめていた手袋もこの暑さで脱いでポケットに入れた。
冬の間重宝したこの手袋も、もうしばらくは必要なさそうだ。
この苦しい区間3・4kmをどう走るかで結果も変わってくると思う。
走っているうちに最初遠いなあと思っていた橋がだんだん近くに見えてきた。
折り返しではオールスポーツの撮影があると聞いていたので、

元気を振り絞って走った。

そうこうしているうちに、カメラマン発見、
折り返してしばらくのところでの撮影となるようだ。
17.1km、西条大橋手前で折り返した。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-03-20 00:19 | マラソン | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/11138870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ストレートマン at 2009-03-20 11:20 x
あれ・・・?
参加賞のバッグ、人によって違うんでしょうかね?
私のは"黒色"でしたよ。

オールスポーツの写真、公開されてましたね。
私はしんどそうな顔ばかりでした・・・。
Commented by fujitaka_1 at 2009-03-20 22:51
ストレートマンさん、書き込みありがとうございます。
バッグは多分何種類か色があるのだと思います。
オールスポーツの写真、私も見ました。
両手ピースサインの写真はまだ元気がありましたが、
それ以外は本当にしんどそうな表情でした。
ストレートマンさんは、私からすると元気一杯に見えましたよ。
またいろんな大会でお会いできることを楽しみにしています。


<< 吉野川市リバーサイドハーフマラ... 吉野川市リバーサイドハーフマラ... >>