香川丸亀国際ハーフマラソン レポート(その3)

大会HPに結果が掲載されていました。
グロスタイムですが、5kmごとのスプリットタイムも出ています。
ちなみにfujitaka_1の記録は、
5km   31:27
10km  59:11 (27:44)
15km 1:25:46 (26:35)
20km 1:52:34 (26:48)
ゴール 1:58:08 ( 5:34)   でした。
最初の5kmはスタートラインに到達する時間(約3分40秒)も入っているので、
ほぼイーブンペースが保てているのではないかと思います。
これからの課題はペースを少しずつでも上げていくことだと思います。

本題(レポート)に戻ります。

コース図
c0034228_2329564.jpg

スタートしたといっても自分の周りはまだそんな雰囲気は全然無い。
まだ歩いているというのが正しい言い方だ。
しばらく歩いていると、前の方のランナーが道路いっぱいに走っているのが見えた。
車では走ったことがあるのだが、この辺りは片側3車線の広い道路である。
そこにずらりとランナーが走っている姿はなかなか壮観である。
やっとのことでスタート地点に近づき、
歩きのペースが少しずつ速くなりだした頃、
前方のランナーがほぼ一斉に両手を上げて手を振っていた。

皆スタートできたことを喜んでいるのだろうか?

と思ったが、コース左側の沿道には

何とQちゃんがいるではないか!

慌てて自分も手を上げて振った、
そうしていると、Qちゃん、「もう、行きます!」と言って、
コースに出て駆け出していった。

スタートしたのが私とほぼ同じである。

Qちゃんを間近で見ることができて良かった。
ちなみにこの辺りで知り合いの方にもお会いして握手をした。
この混雑の中で会えるのは奇跡に近いものがあると思った。
コースは国道11号線の高架橋下をスタートし、
高架橋を越えて県道に入り丸亀城・丸亀駅方向に向かう。
だいぶんペースは上がってきたものの、
まだまだ団子状態で思うように走ることはできなかった。
3km手前くらいで県道33号線に入り、
ここから坂出市までを走って折り返してくる。
県道33号線に入るとだんだんとペースを上げて走れるようになっていた。
コースは平坦で前半は若干下り基調ということで、

いいペースで走れていたと思う。

いいペースと言ってもめちゃくちゃ速いわけではないので、
後半の上りが少し心配ではあったものの、
この調子で行っても後半も多分大丈夫だろうという考えでいた。

土器川に架かる橋を渡ったくらいのところが5km地点、
最初の給水所があった。
混雑していたが、待つほどではなく、スポーツドリンクをいただいた。
そして、橋を渡りきった後の下り坂を勢い良く走った。
沿道の声援が続いている。有名選手が来るとあって声援もかなり多い方だと思う。
やがて丸亀市から宇多津町に入る。平坦なコースが続いている。
7km地点辺りだろうか?
その少し前から係員が右車線に出ないようにという呼びかけをしていた。
そろそろ先頭ランナーが折り返してくる頃か?と思っていると、
先導車がやって来て、
モグス・ダニエルの両選手がそれはそれは凄い速さで反対方向に走っていった。

うお~、さすがの走りである。

何もかもが違うと思うが、
ストライドがすごく大きいことが印象に残った。
その後も招待選手と思われるランナーの凄い走りが続く。
土佐礼子選手も見ることができた。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-02-04 00:16 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/10792451
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 香川丸亀国際ハーフマラソン レ... 香川丸亀国際ハーフマラソン レ... >>