瀬戸内海タートル・フルマラソン レポート(その8)

ゴールして、空いていた椅子に座り込んだ。
初フル同様に、走り終わって足がパンパンになっている。
でもこのブログでも何度か書いたが、

走り終わった後の達成感は

本当に何物にも代え難いほどのものだ。


普段の生活ではなかなか得られないものだと思う。
ただ一生懸命になれる。
この達成感を得るために普段走っていると言ってもよいくらいだ。

レースを振り返っていると、後ろから私を呼ぶ声がした。
清滝までの坂ランや池田池でお会いしたことのある方である。
私の方から挨拶に行かなくてはいけないのに、
私のことを覚えていてくれて挨拶にきていただいた。
レース中も近くを走っていたようだ。
私はわからなかったが、向こうは気づいてくれていた。
マラソンを通じてこういう出会いの機会もできてうれしく思う。
完走証
c0034228_23431078.jpg

完走証を受け取る。4時間16分28秒、
初フルの馬路村から16分タイムを縮めることができた。
そして飛賞に当選していて、寄せ鍋のつゆをいただいた。
そして温かいにゅうめんをいただく。
にゅうめん接待所
c0034228_23432313.jpg

温かいにゅうめん
c0034228_23433058.jpg

オリーブマラソンの時は冷たいそうめんが出てきたが、今回も温かくて美味しかった。
c0034228_23435746.jpg

帰りにオリーブ温泉に寄って疲れた体を癒し、土庄港からフェリーで帰途についた。
c0034228_23441641.jpg

全体を通して、初フルのような「心臓やぶり」の坂こそなかったものの、
適度にアップダウンのある走りがいのあるコースであった。
次回出る時は最後まで坂を走って上りきりたいものだ。

これから冬場を迎え、本格的なマラソンの季節、
寒さに負けず体調管理をしっかりとしながら走っていきたい。
そして大会ではまず第一に楽しみながら走りつつも、
少しでもペースアップできるよう頑張っていきたい。

長文ご覧いただき、ありがとうございました。

ランニング記録
6日 国領川河川敷等 9.9km
7日 池田池周回   19.6km

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-12-07 23:44 | マラソン | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/10285933
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ブラウニー at 2008-12-08 13:58 x
2度目のフルお疲れ様でした。fujitakaさんの完走記は読み応えがあって状況や心情がよく伝わってきますね。私は、フルは未経験ですが、あと5キロの苦しさがわかるようで涙が出そうでした。私も苦しい思いをするのかな?何ものにも替えがたい達成感のためにでしょうか?今から徳島マラソンが恐怖であり楽しみで仕方ないです。小豆島は、5月のハーフを走ったことがあります。コースは最高でした!大会の雰囲気も良くてリピーターが多いのがうなづけます。
Commented by fujitaka_1 at 2008-12-10 00:23
ブラウニーさん、書き込みありがとうございます。
また、記録もご覧いただき、ありがとうございます。
大会の中では、苦しい思いをすることもあると思いますが、
ゴールすれば苦しみを上回るような達成感があります。
徳島マラソン、私は出られないのですが頑張ってください。
小豆島の5月のハーフは、オリーブマラソンですね。
私の初ハーフマラソンでした。来年も出ようと思います。


<< ランニング記録 瀬戸内海タートル・フルマラソン... >>