瀬戸内海タートル・フルマラソン レポート(その7)

話はレポートから逸れてしまうが、
そういやこの記事を書いている今日、福岡国際マラソンがあったが、
その中継の中で瀬古利彦氏が
「マラソンは35kmから、35kmまではウォーミングアップで」
ということをおっしゃっていた。
35km過ぎのきつくなった時にどう走るかというのがマラソンの真価なのだろう。

話を元に戻して、
でもあと5kmからが本当に苦しかった。
5kmの看板が見えて、

ついに意識して歩いてしまった。

周りも結構歩いている。このまま歩いても制限時間内には帰れそうだ。
でもこのままじゃいけない。
さっきあと30分走ればゴールと思ったじゃないか、

自分を奮い立たせながら走る。

あと○kmの表示、
次の表示を見つけるまでの1kmがこの辺りでは本当に長く感じる。
疲労のせいもあるのだろう。
そして長い上り坂が見えた。周りのランナーのほとんどが歩いている坂だ。
行きの最初の坂で難なく上り、長く下った坂を今、上ろうとしている。
適度のアップダウンに慣れていたものの、足が前になかなか出ない。

最後のこの坂は歩いた。

「上り坂はここまでよ」という係員の方の声が聞こえ、歩きから再び走り出す。
周りの景色ははっきりとは覚えていなかったが、
あとは下りと平坦な道だったはず、
ペースは上がらないが、最後のあがきで懸命に走る。
40km過ぎの給水所では飴湯が振舞われていた。
これがすごく美味しかった。甘くて体に染み渡った。

最後走り切れたのは

この飴湯のおかげと言っても過言ではないくらいだ。


そのくらい感動した。
あと1kmの看板が見え、走っているとゴール前の写真撮影ポイント、
ここはピースサインで応える。
世界一短い海峡が見えてきて、そしてゴールが見えてきた。
最後ペースを上げるとまではいかなかったが、走りきってゴールした。
ゴール地点で完走賞のタオルとスポーツドリンクをいただく。
ゴール地点
c0034228_2345735.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-12-07 23:41 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/10285901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 瀬戸内海タートル・フルマラソン... 瀬戸内海タートル・フルマラソン... >>