瀬戸内海タートル・フルマラソン レポート(その2)

c0034228_052754.jpg

7時25分フェリーは土庄港に到着。参加者が一斉に下船する。
港に到着後は受付場所の中央公民館まで歩いていく。
高松市内同様、風が強くて冷たい。
今は上に1枚羽織っているが、大会中はどうしようかと考える。
c0034228_055887.jpg

中央公民館にて受付を済ませ、着替え・準備をする。
上は半袖・長袖両方持ってきていたが、
長丁場になることが予想されたため、
考えた末長袖で行くことにし、ゼッケンを取り付けた。
暑くなれば腕まくりをすればいいのだ。下はランパンである。
周りをみても格好は様々だったが、長袖の方がやや多かったように思う。
朝一の便で来て、開会式までには少し時間があったため、
アップがてら走った。
足の疲労は完全には取れていないような感じだが、
走りに支障はないと感じた。

9時から土庄町役場前にて開会式が行われた。
主催者挨拶・注意点説明などの後、選手宣誓が行われた。
「選手宣誓を行いますのは、東京都からお越しの丸山和也様…」、
えっ、丸山和也さんと言えば、
「行列のできる法律相談所」にも出ていた丸山弁護士?
会場が少し騒がしくなる。

そして丸山弁護士登場!

選手宣誓は主催者代表に向かってする場合が一般的だが、
丸山弁護士はほとんど参加者の方を向いていた。
参加者からは大きな拍手が送られていた。
開会式が終わるとスタートまでは15分くらい、
あまり時間は無かったが、スタート前最後のトイレに行った。
それにしても天気はいいのだが、風が強い、そして冷たい。
スタート前の張り詰めた緊張感はない。のどかな雰囲気だ。
「タートル」と言っている割には厳しい制限時間、
そしてコース上には往復で14の坂、
どんなコースか想像つかなかったが、
いつものように「まあ出せる力を出していこう」と思っていると、
スタートの号砲が鳴り、花火が打ち上げられた。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-12-03 23:59 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/10257036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 瀬戸内海タートル・フルマラソン... 瀬戸内海タートル・フルマラソン... >>