久万高原マラソン レポート(その1)

10月19日(日)に開催された久万高原マラソン大会に参加した。
参加レポートを記していきたい。

(前日まで)
この大会に申し込んだのは、
9月の酸欠マラソンの後、
「県内で比較的近いし、ハーフで時間制限も緩めだし、
まあ走れるんじゃなかろうか」という気分で申し込んだ。
ちなみに初の県内大会参加である。
秋も深まって、久万高原という高地で涼しい中を走れることを想像していた。
それにいろいろと調べたところでは、アップダウンもあるとは言え、
酸欠マラソンなどに比べると標高差もさほどないことから、
これはハーフの記録大幅更新が期待できるかも?と淡い期待まで抱いていた。

後で振り返ってみると、間違いだらけだが…。

(当日)
朝6時半過ぎに起床、朝食をとり身支度をして7時30分頃に自宅を出発、
県内、しかも比較的近くということで
これまでの大会に比べたらかなり遅めの出発である。
高速で松山ICまで、そこから国道33号線、三坂峠をぐんぐん上り、久万高原町へ。
案内表示に従い、駐車場へ。会場には9時過ぎに到着した。
c0034228_0311153.jpg

受付は久万公園のグラウンド、会場には受付などいくつかのテントが張られてある。
ちなみに荷物預かり所はなかった。
ゆっくり出たこともあり、受付を済ませるとほどなくして開会式の案内があった。
あわてて準備し、グラウンドに並ぶ。
c0034228_0313240.jpg

小学生・中学生の部もあることから、地元学生の参加が多い。
開会式に参加後、改めて今回のコース図を見た。
結構山間を走るところもあるようだ。どんなコースだろう?
まあ山間を走るのはもうすっかり慣れていたりするのだが…。
その後、グラウンドや付近をウォーミングアップがてら走ってみた。

ところで、辺りは日差しも強く、暑い。
秋の久万高原は涼しいと想像していたが、

これは暑さとの戦いになりそうだ。

日焼け止めもしっかり塗った。
そうこうしていると、学生の部がスタートした。
トップ辺りを走っている子はめちゃくちゃ速い。
声援・拍手を送り応援する。
しばらくしてハーフマラソンの部参加者は
スタートラインに集まるようアナウンスがあり、スタート周辺に行く。
ハーフ参加者は200人余り、もしかしたら単独行のところもあるかも?とか考える。
でも出来る限り集団には付いていきたいとも思う。
まあ制限時間内に帰って来れたらいいかと考えていると、スタートの号砲が鳴った。

ランニング記録
10月25日 池田池周回 14.0km
10月26日 池田池周回 16.8km

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-10-27 00:34 | マラソン | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/10011369
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 風狂 at 2008-10-27 08:27 x
久万高原マラソン、お疲れ様でした。
Commented by fujitaka_1 at 2008-10-30 00:11
風狂さん、書き込みありがとうございます。
久万は完走はできましたが、
自分の力を出し切れなかったというのが、正直な感想です。
これから自分の納得いく走りが出来るよう頑張りたいです。


<< 久万高原マラソン レポート(その2) 走行距離10万km突破! >>